簡易査定と訪問査定の違いは?分かりやすく説明します!

簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定の選び方

机上査定って?訪問査定って?詳しくはよくわからない人も多いことでしょう。 簡易的な査定方法が机上査定で、おおまかな概算を見積もるためにの方法です。
一方訪問査定では、詳細な査定額を算出することを目的としていますので、現地を不動産会社が実際に訪れて、1つ1つの項目をチェックしていく方法をとります。売却を早く進めたい方におすすめです。

 

訪問査定では、不動産会社の人と実際に会う事になるので、不動産売却に関する知識だったり、売却を有利に進めるためのポイントを聞き出すことも可能です。 基本的には訪問査定をオススメします。 しかしまだ売るかどうかも決め兼ねているなら簡易査定を利用するのも良いと思います。 あなたの状況に応じて査定方法も選んでみましょう。
机上査定…大体の金額をすぐに知りたいという方に最適。
訪問査定…数ヶ月以内に売却が決定している場合

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

査定=売却額であるとは限らない!

不動産一括査定サイトで利用して出た不動産会社からの査定価格は この査定額とは、不動産会社の買取価格ではなく、これくらいの金額で自宅が売れるのでは?という予想を込めた金額のことなのです。

 

そのため、不動産会社によって判断材料が異なれば査定額も異なることがあるうえ、 査定額の保証などもちろんあるわけでありません。 自宅によって違うとしてか言いようがありませんが、 査定価格よりも若干低い金額で売買が成立することも当然あります。

 

すべては状況次第でもあるため、査定よりもずっと上の金額で売れたなんて人もなかにはいますが、 査定金額よりもやや低い金額になるという覚悟をしておくことのほうが、とても大切です。

簡易査定と訪問査定の選び方

簡易査定と訪問査定どちらを選ぶべきかオススメの方法を紹介します。

 

簡易査定(机上査定)
売却はまだ決定してないがとりあえず自宅の価値を知りたい方

 

訪問査定
売却が既に決まっている方で査定する不動産会社がある程度絞れている方

 

 

 

お勧めの査定方法

まだ信頼できる不動産会社が分からない方は、まずは不動産一括査定を利用して5社程度に査定依頼を出します。そこで査定額、対応の良し悪し、売却実績などを考慮して気になる不動産会社に対して訪問査定をします。訪問査定では売却プランや担当者の質、相性などを見て信頼できる不動産会社と媒介契約を結ぶと言う手順です。このように2段方式で査定を依頼すると信頼できる不動産会社が効率よく見つかると思います。

 

@