簡易査定と訪問査定の違いは?分かりやすく説明します!

簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定の選び方

机上査定を受けるべきか、それとも訪問査定を受けるべきかよく分からないという方もいらっしゃると思います。 簡易的な査定方法が机上査定で、おおまかな概算を見積もるためにの方法です。
そして、不動産会社が現地に赴き、実際に状態を確認しながら見積もっていく方法が訪問査定です。具体的な査定額の算出可能なため、売却を本気で考えているなら訪問査定を選びましょう!

 

訪問査定では、不動産会社の人と直接話をする機会が得られるので、この機会を利用して分からないことや不安に思っている点を相談してみるのもいいですね。 売りたい気持ちが強いのであれば、ぜひ訪問査定を受けた方がいいでしょう。 ただし、売却することはまだ検討段階の場合には、まずは机上査定を利用するというのもいいでしょう。 今後の状況に応じて、机上査定と訪問査定を使い分けてみましょう。
机上査定…おおよその概算金額を知りたい人
訪問査定…早く査定額を元に売却を進めたい方おすすめ。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

査定価格は売却額ではないので注意!

最近は、一括査定サイトなどを利用すれば簡単に色々な不動産会社から査定結果をもらうことができますが、 あくまで「売却できそうな価格」としての見込み的な参考価格になり買取価格ではありません。

 

そのため、不動産会社によって判断材料が異なれば金額も異なることがあるうえ、 売却とイコールとなるケースもそうあるものではありません。 売却したい自宅によっても異なりますが、 最近のケースとしては、査定額よりもだいたい2割程度下回る金額で売却する事もあります。

 

もちろん市況によっては査定価格以上で売却できることもありますが、 査定額にばかり目をとられずに、査定額よりも低くなるといった気持でいることのほうが重要です。

簡易査定と訪問査定の選び方

簡易査定と訪問査定どちらを選ぶべきかオススメの方法を紹介します。

 

簡易査定(机上査定)
売却はまだ決定してないがとりあえず自宅の価値を知りたい方

 

訪問査定
売却が既に決まっている方で査定する不動産会社がある程度絞れている方

 

 

 

お勧めの査定方法

まだ信頼できる不動産会社が分からない方は、まずは不動産一括査定を利用して5社程度に査定依頼を出します。そこで査定額、対応の良し悪し、売却実績などを考慮して気になる不動産会社に対して訪問査定をします。訪問査定では売却プランや担当者の質、相性などを見て信頼できる不動産会社と媒介契約を結ぶと言う手順です。このように2段方式で査定を依頼すると信頼できる不動産会社が効率よく見つかると思います。

 

@