仲介と買取りの違いは?おすすめはどっち?

仲介と買取では何が違うの?

不動産を売却するには不動産会社に依頼するのが一般的です。その売却方法は大きく分けて買主を見つけてくる仲介契約と直接不動産会社に買い取ってもらう買取があります。それぞれ良い点悪い点がありますので仲介と買取の特徴について紹介します。
仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 不動産会社
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調にいっても3ヶ月程度の売却時間がかかる 不動産会社が購入してくれるため即売却できる。 (手続きの時間もいれて1ヶ月で完了)
売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

仲介とは

仲介とは不動産業者に売却を依頼し、一般市場で幅広く買主を探します。 買い手を見つけるということは、時間もそれだけかかるということです。 もしあなたが高く時間をかかっても高く自宅を売りたいと考えているならば、買取よりも高く自宅が売れる可能性のある仲介で依頼すべきです。

 

少しでも高値で売却したい方にお勧めです。

仲介の説明図


買取りとは

一方買取では、あなたの自宅を不動産屋さんが買い取ってくれることを言います。 買取は、物事がすべてスムーズにに進むため少しでも早く自宅に売りたい人にお勧めで、 あなたの手間がかからないばかりか、時間もかかりません。 しかし買取は仲介よりも売却価格が2~3割程度も安くなる傾向にあります。

 

手間をかけずに早く売却したい人にお勧めです。

買取の説明図

不動産の買取査定も可能!

不動産も車などと同様に不動産会社に直接買い取ってもらうことが可能で、そのための査定を依頼することもできます。 買い手が見つかりづらいのがネックな仲介売買の場合、 時間がかかってしまい売り出し始めても3か月以上の時間がかかるのです。 しかし不動産会社によって買取が可能であれば、なんと最短2週間程度で不動産売買が完了してしまうのです。 買取のデメリットは売却金額が安くなってしまうという点ではありますが、一刻も早く売却をしたい場合には、 一つの方法として不動産買取を受けてみるというのもいいでしょう。

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ

 

仲介と買取のまとめ

仲介と買取のまとめ
仲介と買取の違いについて紹介してきました。一般的には仲介契約で不動産を売却するのが圧倒的に多いです。ただし、急いで売却したい方や手間をかけたくない方、訳あり物件で仲介では売却できない物件の方などは買取で売却するのが良いと思います。買取の場合相場より6割から8割程度に安い価格になってしまうので注意してください。買取希望の方は、必ず複数社に査定を依頼してください。買取の査定は単純に出された査定額が売却額となりますのでなるべく多くの不動産会社に査定を依頼し1番高く買い取ってもらえるところを選ぶと良いかと思います。