不動産売却にかかる仲介手数料はいくら?

不動産売却の仲介手数料について

不動産を売却するには色々と費用もかかってきます。その代表例が不動産会社に支払う仲介手数料です。ここでは仲介手数料について細かく紹介します。

 

仲介手数料ってどのくらい払うの?

仲介手数料の金額については、 宅地建物取引業法で次のように上限値が決められています。

金額 仲介手数料
200万円以下 代金額x5%
200万円超~400万円以下 代金額x4%+2万円
400万円超~ 大金額x6万円
※売買価格には消費税を含みません。

売買の価格が400万円を超える場合は、 以下の計算で手数料がわかります。

仲介手数料+(売買価格x3%+6万円)+消費税

 

 

例えば、900万円のワンルームマンションを購入した際の仲介手数料の上限は、900万円×3%+6万円で33万円(税別)になります。

注意仲介手数料を算出する基礎となるのは、「消費税を含まない売買価格」になります。物件の表示価格が「税込」となっているケ-スもあるので、その場合は注意が必要です。
この金額は法律で決まっているので これ以上高い仲介手数料を請求される事はありません。 不動産会社によっては 仲介手数料が定額な会社もあったり、 早く売却に成功すると手数料を安くしてくれる業者も出てきてます。 仲介手数料早見表

その他の費用

仲介手数料以外にも以下のような費用がかかります。
不動産売却の諸経費 ここで書いた事全部が必ず必要になるわけではないのですが、 不動産売却に必要な費用の相場は、 売却額の3~10%になるなので費用分の事もしっかり把握しておきましょう。 これらの費用は不動産が売れた費用で払うことも可能ですが 手数料については売買契約をしたときに半額、残りの金額を後で支払うなど分割での支払いが必要になります。 残金を後で支払うなど分割でお支払いが必要となります。

 

不動産売却の仲介手数料のまとめ

媒介契約と専任契約のまとめ

不動産売却における仲介手数料とその他の費用について紹介してきました。仲介手数料の支払いの上限は法律で定められていますので騙されて高く支払うと言う事は心配しなくて良いでしょう。

 

気をつけて欲しいのは仲介手数料が割引されている不動産会社です。仲介手数料を割り引くと言う事は販売力がないと言ってるのと同じ事ですのであまりお勧めできません。逆に安過ぎると特別広告費とか別の名目を作って請求してくる可能性もあるので注意が必要です。

 

不動産売却はいろいろと費用がかかります。しかし売却前にある程度の相場がわかれば売却にかかる費用を導き出すことも簡単です。売却後にいろいろ聞いてなかった知らなかったなどトラブルが起きないように事前に不動産売却にかかる費用を把握しておくことがとても大事です。不動産売却の住宅ローンが残っている場合は基本的一括返済です。思わぬトラブルが起きないよう事前に計算しておきましょう。